多重債務でもキャッシング出来る所を探すならノンバンク

多重債務といえば借金の返済ができずに延滞し、
厳しい取り立てを受けている状態を連想するかもしれません。

 

確かに厳しい取り立てを受けている人の多くは多重債務の状態にありますが、
まだ一度も延滞したことがない人でも多重債務者になることがあります。

 

多重債務とは複数の金融機関から借入れしている状態なので、
キャッシングなどの多目的ローンを利用している多くの人が該当しています。

 

ただ一般的に多重債務者といえば、返済が逼迫してどこからも借りられない人、
毎月の返済に頭を悩ませている人などを指すことが多いです。

 

多重債務に陥っているときは、
今よりも返済を楽にする工夫が必要になります。
どうしても追加で借りる必要性があるなら、
今よりも低金利でキャッシング出来る所を探してください。

 

ノンバンク系のキャッシングの金利は18%が基本ですが、
それより低く設定するところがあります。

 

おまとめローンを用意するノンバンクなら、
15%くらいで貸し出している会社があります。
金利が低ければ低いほど利息は減るので、
返済総額を圧縮できるのです。

 

多重債務の状態でキャッシングする場合、
銀行や信金などでは難しいです。

 

これらの金融機関はノンバンクより審査が厳格で、
多重債務の人への融資を避ける傾向があります。

 

消費者金融の場合は多重債務でも借入れ出来る所がありますが、
総量規制の範囲内になる点は知っておきましょう。

 

消費者金融各社からの借入総額は、年収の3分の1以下にする必要があります。
年収300万円の人が消費者金融2社から合計90万円の借金をしている場合、
新たに申し込みする会社で借りられる限度額は10万円になります。

 

総量規制における融資限度額は、
必ず借りられる金額という意味ではありません。

 

総量規制ではあと10万円まで借りられる状況であっても、
審査に通過出来るという保証はありません。

 

総量規制は融資上限を決める法律ですが、
最終的に融資をするか決めるのは金融機関だからです。

 

もし総量規制の上限まで借入れしている場合は、
消費者金融などのノンバンクでは借りられません。

 

こうした場合は審査のハードルは上がりますが、
銀行や信金のキャッシングに申し込んでみるのも手でしょう。

 

ブラック融資
の対象になるのはノンバンクだけで、
それ以外の金融機関は対象外になるからです。

ページの先頭へ戻る