キャッシングは難しいのが現実!過去に経験した任意整理が原因

任意整理をした場合、その後のキャッシング利用に悪影響が生じるかどうかについて気になる人も多いのではないでしょうか。

 

確かに任意整理をすれば、
融資をしてくれた債権者に対して「申し訳ない」という気持ちになるかもしれません。
からいえば、任意整理をしたからといって、
未来永劫にキャッシング利用ができないということはなく、
一定期間が経過すれば再びサービスを受けることは可能です。

 

そもそも、任意整理とは消費者金融業者やクレジットカード会社から借入したものの、
契約通りに返済ができなくなった場合に行うのが一般的です。

 

法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼して、
各債権者との間で返済しやすく和解契約を締結します。

 

利用者は弁護士や司法書士に交渉を頼む代わりに、
手付金や手数料、成功報酬などを支払います。

 

 

 

任意整理をすることで、その後の返済がスムーズに行くことは往々にしてあることです。
なぜなら、任意整理をするにあたっては、
各債権者が契約時の金利から低く下げることで
完済に向けての道筋が明確になるからです。

 

通常の18パーセントの金利が適用されれば、
元金の返済がおぼつかないようなケースでも、
着実に債務が減っていくのが任意整理後の和解です。

 

利用者にとっては、なんともありがたい内容といえるでしょう。

 

任意整理をした場合、事故履歴として信用情報機関に登録されます。
信用情報機関とは、消費者金融業者やクレジットカード会社などが加盟する機関です。

 

各債権者は申込があると、
その人の借入金額や延滞の有無などの状況を
信用情報機関に問い合わせてチェックすることができます。

 

そこで、事故履歴を見つけると審査の結果はNGとなります。
事故履歴はおおむね5年の経過とともに消滅するといわれています。

 

すなわち、任意整理後は少なくとも5年間はキャッシングができないと考えた方が無難です。
一部の消費者金融業者やヤミ金の中には、
任意整理後直ぐにキャッシング可能なところもありますが、
高い金利での貸付や厳しい取立などの被害に遭うことも多いため、
注意が必要です。ブラックでも即日融資可能

 

ページの先頭へ戻る