個人再生中にキャッシングで借入が不可能となる理由とは

個人再生中に消費者金融で、
キャッシングをはじめとした借入金を作ることは可能なのでしょうか。
結論から言うと、基本的には不可能です。

 

個人再生とは、裁判所に再生計画を申請して認可され、
今借りている借入金の金額を大幅に減額してもらうための手続きです。

 

返済金額が大きすぎて返せなくなった人や、いろいろなところから借りすぎて、
返済するのが大変になった人が申請することが多いです。

 

裁判所で選んだ再生人によって再生計画を作ってもらい、
申請して認可されるのが主な流れです。

 

認可された再生計画によって原則3年以内に返済しなければなりません。
なお、個人再生ができる条件としては、
借入金の総額が5千万円未満で、
3年から5年の間は継続して収入を得られる可能性があること、
債権者たちの過半数が同意していることなどが挙げられています。

 

個人再生のメリットとしては返済不可能な借入金を無理のない範囲で返済できることとなりますが、デメリットも存在しています。

 

自分でやると手続きが煩雑で時間がかかることです。
自分でやるよりも弁護士などの経験豊富なプロフェッショナルに任せたほうがいいでしょう。

 

それ以外のデメリットとしては、
官報や個人信用情報機関に事故情報として登録されるため、
住所や氏名などが官報に掲載されます。

 

また、個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、
クレジットカードを作れませんし、
消費者金融でキャッシングをはじめとした借入金を作れません。

 

キャッシングばかりでなく、
住宅ローンや自動車ローンなどの申請も不可能となるため、
注意してください。

 

 

再び消費者金融で、キャッシングをはじめとした借入金ができるようになるためには、
新たな借入金を作らないようにすることです。

 

個人再生の場合、手続きをしてから5年ないし10年以内は
新たな借入金を作らないことによって、信用情報が回復します。

 

ただし、個人再生をしたときに債権者だった企業の信用は半永久的に回復せず、
別の企業で借りるしかないと考えておいたほうが良いでしょう。
審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社

ページの先頭へ戻る